本郷三丁目駅、水道橋駅、御茶ノ水駅等からすぐ近く。認知行動療法の専門家による、うつ病、子どものうつ病、強迫性障害、パニック障害、よくわからない不安感、LGBTsやセクシュアル・マイノリティ、などの課題への対処。

下山晴彦

下山晴彦(しもやま はるひこ)

下山晴彦

経歴

東京大学大学院教育学研究科教育心理学科修士・博士課程、東京大学学生相談所助教、東京工業大学保健管理センター講師、東京大学大学院教育学研究科助教授、オックスフォード大学客員研究員、シェフィールド大学客員研究員を経て、現在東京大学大学院教育学研究科附属バリアフリー教育開発研究センター長・臨床心理学コース教授。博士(教育学:東京大学)

臨床歴

葛飾区教育相談所、目黒区教育相談所、日本大学医学部附属板橋病院精神神経科、東京大学学生相談所、東京工業大学保健管理センター、東海銀行カンセリングセンター、初台関谷クリニック、東京大学大学院教育学研究科附属心理教育相談室

資格

(財)日本臨床心理士資格認定協会 臨床心理士

専門領域

精神障害(主に不安障害・気分障害)の認知行動療法/家族やカップル(夫婦)の問題解決支援/うつ病の職場復帰支援/若者(中学〜大学生)の不登校・無気力の問題解決支援/発達障害の理解と家族支援

メッセージ

私は、これまでさまざまな現場で臨床心理士として仕事をしてきました。外来の心理相談室、大学の学生相談所、保健管理センター、都市銀行のカンセリングセンター、精神科の病院やクリニックです。

そこでは、不安障害、うつ病、統合失調症等の精神障害の方の相談を担当してきました。また、メンタルヘルスと関連して、職場や学校の対人関係、カップル(恋人)、夫婦、親子、家族などの人間関係の問題も対応してきました。

最近では、発達障害の理解と支援が重要なテーマとなっております。これらの経験を通して、来談者の皆様の語りにしっかりと耳を傾け、問題の全貌を聞き取り、問題解決に向けての見立てを作成し、来談者様と協力して問題解決の取り組むことの大切さを強く感じています。

そのために認知行動療法は最善の方法であると思います。ぜひ、多くの方にご利用いただければ幸いです。

業績(最近のもの)

  1. 下山晴彦(編) 2015 特集:医療保健領域で働く心理職のスタンダード In 「臨床心理学 第15巻1号」金剛出版
  2. 下山晴彦(編) 2015 特集:子どもの認知行動療法 In 「精神療法 第41巻1号」金剛出版
  3. 下山晴彦 2014 うつ病の心理療法−わが国での真の普及を促すために In 「こころの科学177号 特別企画:うつの心理療法−その真実」 日本評論社
  4. 下山晴彦・辻井正次(編)2014 特集:発達障害研究の最前線 In 「臨床心理学 第14巻3号」金剛出版

その他(東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース下山研究室)

 

予約は電話のみです。電話での受付時には、通常5分〜15分ほどかかります。 TEL 03-6801-8821 電話受付時間:午前10時〜午後17時、月曜日〜日曜日

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP

東京認知行動療法センター
電話:03-6801-8821
電話受付時間:午前10時〜午後17時、月曜日〜日曜日
心理士の面接時間帯:午前10時〜午後17時、火曜日〜日曜日
午後17時以降の対応が可能な場合もあるので、ご希望の場合には電話で相談してください。