本郷三丁目駅、水道橋駅、御茶ノ水駅等からすぐ近く。認知行動療法の専門家による、うつ病、子どものうつ病、強迫性障害、パニック障害、よくわからない不安感、LGBTsやセクシュアル・マイノリティ、などの課題への対処。

榎本眞理子

榎本眞理子(えのもと まりこ)

榎本眞理子

経歴

航空会社勤務を経て東京大学大学院教育学研究科教育心理学コース修士課程、同臨床心理学コース博士課程を修了し、現在は東京大学大学院理学系研究科・理学部学生支援室助教、三菱東京UFJ信託銀行社員相談室非常勤相談員。

臨床歴

東京大学大学院教育学研究科附属心理教育相談室、初台関谷クリニック、東洋学園大学学生相談室。

資格

(財)日本臨床心理士資格認定協会 臨床心理士

専門領域

青年期成人期の発達課題にまつわる問題、さまざまな精神的問題に関する認知行動療法、復職支援、大人の発達障害など。

メッセージ

その方が、自分のことを理解し、受け入れ、できる限り自分らしく生きていけるように、ということを目指して心理援助を行っていきたいと考えています。

長らく青年期以降の方々の心理援助に携わってまいりました。進路決定、対人問題、喪失体験等々、さまざまなライフイベント、心理的な困難に直面したとき、そこをどのように乗り越えるか、どのような意味を見出すかによってその後の人生の質が変わってくると思います。

認知行動療法やその他、臨床心理学の知見を用い、ご一緒に話し合いながら、その方の資質、持ち味に合った対処法や解決法、考え方を見つけていきたいと思います。

ぜひお気軽にいらしてみてください。

業績

  1. 榎本眞理子 2012 学生支援のさまざまな取り組み In下山晴彦・森田慎一郎・榎本眞理子(共編)「学生相談必携GUIDE BOOK」金剛出版
  2. 榎本眞理子 2011 大学に通う気になれない-不登校・引きこもりの学生の支援、進むべき道が決められない-進路選択を考える、研究室の人間関係になじめない-研究室内対人関係の調整 In 東京大学理学部学生支援室・下山晴彦(編著)『東京大学理学部発 学生相談・学生支援の新しいかたち-大学コミュニティで支える学生生活』岩崎学術出版社
  3. 榎本眞理子 2011 不安障害、身体表現性障害と解離性障害 In下山晴彦(編)「よくわかる臨床心理学 改訂新版」ミネルヴァ書房
  4. 榎本眞理子 2007 ケースフォーミュレーション In下山晴彦(編)「認知行動療法-理論から実践的活用まで-」 金剛出版

予約は電話のみです。電話での受付時には、通常5分〜15分ほどかかります。 TEL 03-6801-8821 電話受付時間:午前10時〜午後17時、月曜日〜日曜日

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP

東京認知行動療法センター
電話:03-6801-8821
電話受付時間:午前10時〜午後17時、月曜日〜日曜日
心理士の面接時間帯:午前10時〜午後17時、火曜日〜日曜日
午後17時以降の対応が可能な場合もあるので、ご希望の場合には電話で相談してください。