本郷三丁目駅、水道橋駅、御茶ノ水駅等からすぐ近く。認知行動療法の専門家による、うつ病、子どものうつ病、強迫性障害、パニック障害、よくわからない不安感、LGBTsやセクシュアル・マイノリティ、などの課題への対処。

高山由貴

高山由貴(たかやま ゆき)

高山由貴

経歴

株式会社 横浜銀行勤務後に、東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース修士・博士課程を経て、現在東京大学経済学部学生サポートルーム相談員

臨床歴

東京大学大学院教育学研究科附属心理教育相談室、三井記念病院(インターン)、初台関谷クリニック、東京都中央区保健所、東京大学経済学部学生サポートルーム

資格

(財)日本臨床心理士資格認定協会 臨床心理士

専門領域

不登校、発達障害と社会生活上の困難、DVや虐待被害など外傷体験に伴う後遺症、子育てにまつわる様々な問題、家族間調整、就労問題(休職、失職、復職等)、うつ、双極性障害、強迫性障害、その他様々な不調に対するリラクセーション

メッセージ

大学・大学院時代を通し、心理療法の4大アプローチである、精神分析・来談者中心療法・行動療法・認知行動療法の基礎を学びました。

臨床実践においては、ご相談内容に則し、それらを統合的に用いるアプローチを心がけております。それは、来談者の方の状況を、特定の理論に当てはめてしまう恐れを避けるためです。

このような立場から、お受けするご相談の内容も、上記のように多岐に渡ります。そこには、臨床上の経験だけでなく、社会人としての経験も活かされていると考えております。

最近は、自身が子育て中であるため、人々の状況を生涯発達的に理解することに関心があります。

日本ではまだまだ心理療法は一般的ではありません。「こんなことを相談していいのだろうか?」といった思いをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そのようなご心配はなざらずに、どうぞまずはお話にいらして下さい。個々のご事情を尊重した唯一無二の方策を、来談者の方と共に作って参ります。

業績

  1. 高山由貴 2011 クライエントの主観的体験に関するプロセス研究―試行カウンセリングにおける話の深まりに注目して- In 「臨床心理学 第11巻2号」金剛出版
  2. 川崎隆・末木新・松田なつみ・野中舞子・高山由貴・梅垣佑介・下山晴彦 2013 .曝露反応妨害法への取り組みの変容―児童思春期強迫性障害を対象に― In 「心理臨床学研究 第31巻3号」 (財)日本心理臨床学会
  3. 高山由貴 2013 クライエントの主観的体験から見たカウンセリング初期のプロセス-試行カウンセリングにおける話の深まりに注目して- In 「臨床心理学 第13巻5号」 金剛出版
  4. 高山由貴 印刷中 面接内と面接間の相互作用に関するプロセス研究―短期試行面接におけるクライエントの主観的体験から-In 「臨床心理学」 金剛出版

 

予約は電話のみです。電話での受付時には、通常5分〜15分ほどかかります。 TEL 03-6801-8821 電話受付時間:午前10時〜午後17時、月曜日〜日曜日

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP

東京認知行動療法センター
電話:03-6801-8821
電話受付時間:午前10時〜午後17時、月曜日〜日曜日
心理士の面接時間帯:午前10時〜午後17時、火曜日〜日曜日
午後17時以降の対応が可能な場合もあるので、ご希望の場合には電話で相談してください。