本郷三丁目駅、水道橋駅、御茶ノ水駅等からすぐ近く。認知行動療法の専門家による、うつ病、子どものうつ病、強迫性障害、パニック障害、よくわからない不安感、LGBTsやセクシュアル・マイノリティ、などの課題への対処。
認知行動療法エッセイ
  • HOME »
  • 認知行動療法エッセイ »
  • 認知行動療法エッセイ

認知行動療法エッセイ

東日本大震災の支援の経験から思うこと(2)

日本人は、地震や津波以外にも火山の爆発や台風など、古代より多くの自然災害にみまわれ、心の傷を負ってきた。しかし、つい最近までは、カウンセラーなどという専門家はいなかった。それでも人々は、生き抜いてきた。どのようにして、そ …

東日本大震災の支援の経験から思うこと(1)

  下山晴彦  2011年始めに、ある団体から「恵み」についてエッセーを書いてほしいと依頼されていた。当初は、自然の恵みについて書く準備をしていた。しかし、3月11日の、忘れもしない、あの大震災に直面し、私たち …

なぜ、うつ病が減らないのか―私たちは、こころのバリアに囲まれている―

  下山晴彦   1.うつ病治療は適切に行われていない 我が国では、自殺者数は14年連続で3万人以上となっており、その4分の3を超える者が直前にうつ病をはじめとする精神障害を有していたと指摘されていま …

心の迷路
« 1 3 4 5
PAGETOP

東京認知行動療法センター
電話:03-6801-8821
電話受付時間:午前10時〜午後17時、月曜日〜日曜日
心理士の面接時間帯:午前10時〜午後17時、火曜日〜日曜日
午後17時以降の対応が可能な場合もあるので、ご希望の場合には電話で相談してください。