本郷三丁目駅、水道橋駅、御茶ノ水駅等からすぐ近く。認知行動療法の専門家による、うつ病、子どものうつ病、強迫性障害、パニック障害、よくわからない不安感、LGBTsやセクシュアル・マイノリティ、などの課題への対処。

上田麻美

上田麻美(うえだ まみ)

臨床歴

三井記念病院精神科(インターン),都立広尾病院神経科,神田西口メンタルクリニック,世田谷区スクールカウンセラー,東京大学大学院教育学研究科附属心理教育相談室

資格

(財)日本臨床心理士資格認定協会 臨床心理士 ・ 公認心理師

専門領域

身体疾患に伴う精神症状とその心理サポート(がん,糖尿病,腎臓病など),身体へのアプローチを通したリラクゼーション,マインドフルネス,働く人のメンタルヘルス,ワークライフバランス支援,精神障害の認知行動療法と心理教育,思春期・青年期の心理相談(不登校,家族や友人関係,進路等),対人関係の悩み

メッセージ

学部では精神分析を,大学院では認知行動療法をベースとして多様なアプローチについて学んできました。その学びを通し,一番大切なことは来談者の方のニーズにあわせたサポートをご提供することだと実感しました。

臨床実践では,主に医療領域にて経験を積んで参りましたが,病院は身体や心に問題・症状が生じてはじめて訪れる場所です。ですが,症状が出ていなくとも,あるいは症状が出る前にも,ぜひ専門家へ足を運んでいただきたいと思います。

QOL(生活の質)という言葉があります。これは,日々の生活の中でその人らしさを追求し,その生活の質を保っていくという考え方です。QOLの内容は,人によりさまざまです。毎日忙しさに追われる現代人にとって,自分のQOL維持に焦点をあてていくことは重要なことだと思います。

こちらのセンターでは,認知行動療法を中心としつつも,皆さまのお悩みに即したアプローチをオーダーメイドで組み合わせていけたらと考えています。より良いQOLのために,ぜひお気軽にご相談ください。

業績

  • 糸山恵未・横山萌・羽澄恵・能登眸・遠藤麻美・下山晴彦 (2014). 日本の医療領域における多職種連携教育プログラム適用可能性――国内外のプログラムに関する論文レビューから――, 38, 11-18.
  • 小林奈央・上田麻美・樋口紫音・大井葉月・下山晴彦 (2016). がん患者の「身体に纏わる苦痛」における心理的介入, 東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース紀要, 40, 45-52.
  • 上田麻美・下山晴彦(2017). 心理職をめぐるチーム医療の現状と課題,精神療法,43(6), 10-15.
  • 上田麻美(2019). 緩和ケア病棟参入初期の臨床心理士が抱える困難に関する探索的研究,臨床心理学,19(5),595-606.

予約は電話のみです。電話での受付時には、通常5分〜15分ほどかかります。 TEL 03-6801-8821 電話受付時間:午前10時〜午後17時、月曜日〜日曜日

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP

東京認知行動療法センター
電話:03-6801-8821
電話受付時間:午前10時〜午後17時、月曜日〜日曜日
心理士の面接時間帯:午前10時〜午後17時、火曜日〜日曜日
午後17時以降の対応が可能な場合もあるので、ご希望の場合には電話で相談してください。