本郷三丁目駅、水道橋駅、御茶ノ水駅等からすぐ近く。認知行動療法の専門家による、うつ病、子どものうつ病、強迫性障害、パニック障害、よくわからない不安感、LGBTsやセクシュアル・マイノリティ、などの課題への対処。

高山由貴

高山由貴(たかやま ゆき)

高山由貴

経歴

地方銀行勤務後に、東京大学大学院教育学研究科臨床心理学コース修士・博士課程、東京大学経済学部学生サポートルーム相談員、鎌倉女子大学学生相談室相談員を経て、現在、私立中高一貫校スクールカウンセラー。社会福祉法人なずな(森の樹保育園)評議員。博士(教育学:東京大学)

臨床歴

東京大学大学院教育学研究科附属心理教育相談室、三井記念病院(インターン)、初台関谷クリニック、東京都中央区保健所、東京大学経済学部学生サポートルーム、鎌倉女子大学学生相談室

資格

(財)日本臨床心理士資格認定協会 臨床心理士 ・ 公認心理師

専門領域

様々な精神的な障害(抑うつ障害、不安障害、双極性障害、強迫性障害等)に対する認知行動療法、子育てにまつわる様々な困難に対する支援、学校適応の困難(不登校、発達障害等)に対する支援、就労問題(休職、失職、復職等)に対する支援

メッセージ

大学・大学院時代を通し、心理療法の4大アプローチである、精神分析・来談者中心療法・行動療法・認知行動療法の基礎を学びました。
臨床実践においては、ご相談内容に則し、それらを統合的に用いるアプローチを心がけております。それは、来談者の方の状況を、特定の理論に当てはめてしまう恐れを避けるためです。
このような立場から、お受けするご相談の内容も、上記のように多岐に渡ります。そこには、臨床上の経験だけでなく、社会人としての経験も活かされていると考えております。
最近は、自身が子育て中であるため、人々の状況を生涯発達的に理解することに関心があります。
日本ではまだまだ心理療法は一般的ではありません。「こんなことを相談していいのだろうか?」といった思いをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そのようなご心配はなさらずに、どうぞまずはお話にいらして下さい。個々のご事情を尊重した唯一無二の方策を、来談者の方と共に作って参ります。

業績

  • 高山由貴(2015). 面接内と面接間の相互作用に関するプロセス研究―短期試行面接におけるクライエントの主観的体験から- 臨床心理学15(3), 384-396
  • 高山由貴(2015).ケース比較法による児童思春期強迫性障害の事例研究-面接内と面接間の双方に焦点を当てて-日本心理臨床学会第34 回大会 “ポスター発表(事例研究)【PA1-03】”  発表者
  • 高山由貴(2016).復職支援におけるホームワークの活用-回復段階に応じた適切な選択-, 日本心理臨床学会第35 回大会 “ポスター発表(事例研究)【PA5−15】”  発表者
  • 髙山由貴(2017).短期試行面接に関する体験・ナラティブ指向研究 心理臨床学研究35(2),136−145
  • 高山由貴(2017). 復職支援におけるホームワーク-生活記録表の効果的活用-日本心理臨床学会第36回大会 “ポスター発表(事例研究)【PA5-08】”  発表者

予約は電話のみです。電話での受付時には、通常5分〜15分ほどかかります。 TEL 03-6801-8821 電話受付時間:午前10時〜午後17時、月曜日〜日曜日

クライアント様専用窓口はこちら

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP

東京認知行動療法センター
電話:03-6801-8821
電話受付時間:午前10時〜午後17時、月曜日〜日曜日
心理士の面接時間帯:午前10時〜午後17時、火曜日〜日曜日
午後17時以降の対応が可能な場合もあるので、ご希望の場合には電話で相談してください。