本郷三丁目駅、水道橋駅、御茶ノ水駅等からすぐ近く。認知行動療法の専門家による、うつ病、子どものうつ病、強迫性障害、パニック障害、よくわからない不安感、LGBTsやセクシュアル・マイノリティ、などの課題への対処。
認知行動療法エッセイ
  • HOME »
  • 認知行動療法エッセイ »
  • 認知行動療法エッセイ

認知行動療法エッセイ

就職とエクスポージャー

幼いころより通い続けていた学校という環境から、通い続けた経験のない職場という環境への変化は劇的なものがあります。したがって、新入社員として初出勤するときは、多くの人が、清水の舞台から飛び降りるような感覚を覚えるのではないかと思います。

「変わる」ってむずかしい

本屋さんに行くと、お金持ちになる方法、効率よい時間の活用方法etc…これがとてもよく売れると聞きます。なるほど、入り口の一番目立つところにあるし、手に取る人も多い。

「ヒトデやナマコの気持」

皆さんはヒトデやナマコを触ったことがありますか? 先日、水族館に行った際に、初めて触ってきました。

「時」が動き出す

8月は明るく開放的な夏のイメージとは裏腹に「長崎と広島に原爆が投下された日」、「第二次世界大戦が終戦した日」、「日航機墜落事故が起きた日」と多くの尊い命が奪われた出来事がありました。

問題の解決に向けて動くその前に

これを読まれている方は、普段の生活でご自身のメンタルヘルスについて何か気になったり、悩んだりした時にどういう行動を取られますか。

先送りの後始末

認知行動療法の変容で目指すものは、「でしゃばることなく、周囲と調和した在り方」ではなく、「回避せずに、現実をあるがままに受け入れ、少しずつでも直面してく在り方」であることを、身をもって知った今日この頃です。

身体を緩めること

路地や花屋の店先に色とりどりの紫陽花を楽しめる季節になりましたね。水気を含んだような柔らかな花弁の質感にも気分が和らぎます。 さて先日、通勤の途中、ひどく力んだ必死な状態で黙々と歩いている自分に気づきました。肩、首筋、背 …

自分が望むもの、相手が望むもの

突然ですが、皆さんはどのようなときに大切な人の「愛情」を感じますか?

継続に必要なもの

何事も継続することは容易ではありません。「やればできる!」と自分を鼓舞して何かを始めても、結果として続かないことはよくあることです。続かない理由としてよく挙げられるのは、成果が実感できないということです。

“ほどほど”が実は一番難しい…

SNSがこれだけ発達した今、私たちは日々たくさんの情報に触れています。検索すれば何らかの「答え」となる情報を受け取ることも、昔に比べると簡単にできます。それはそれでもちろん便利であり、助けられることもありますが、その反面、たくさんの情報の中で混乱していることも否めません。

« 1 2 3 5 »
PAGETOP

東京認知行動療法センター
電話:03-6801-8821
電話受付時間:午前10時〜午後17時、月曜日〜日曜日
心理士の面接時間帯:午前10時〜午後17時、火曜日〜日曜日
午後17時以降の対応が可能な場合もあるので、ご希望の場合には電話で相談してください。