認知行動療法エッセイ
リラクセーション
新型コロナウイルス感染症の拡大時にも役立つ認知行動療法

認知行動療法の考え方を使って、新型コロナ拡大時にも健康的に過ごすコツをご紹介したいと思います。

続きを読む
認知行動療法エッセイ
認知行動療法
「ほどほどメーター」の使い方

「ほどほどメーター」の使い方は簡単です。まず、自分の疲れ具合や、自分がどれほどいっぱいっぱいになっているかを測ります。

続きを読む
認知行動療法エッセイ
うつ病
「ほどほどメーター」の紹介

子育て中の母親としては、一度や二度、いえ何度もどうしたらもっと怒らずにいられるかと悩んだことがあるのではないでしょうか。

続きを読む
認知行動療法エッセイ
東京認知行動療法センター
同行二人

認知行動療法における“認知”は、その人の“考え方”を意味します。認知行動療法では、この“考え方”の偏りが問題の要因になっているとみなします。

続きを読む
ニュース
行動することでも認知は変わる

認知行動療法はその名の通り「認知」と「行動」に焦点を当てた心理療法です。「認知が変わることで行動が変化する」というのは一般的にも理解しやすいでしょう。

続きを読む
ニュース
「自己注目」とは

不安を解決しようとして、返って不安な事柄に注目してしまい不安を増大させています。心配しないようにと考えて、益々心配事に注目して考え込んで落ち込むということも起きます。

続きを読む
ニュース
ライフイベントの受け止め方

卒業、リタイア、入学、就職、異動、転居などなど。人の一生涯で生じうるこういった重要な出来事をライフイベントと言います。ライフイベントは、新しい門出や次のステップへの移行など喜ばしいことでもありますが、他方、生活環境が一変し順応に時間や労力を要することでもあります。

続きを読む
ニュース
1対3の黄金比

幸福に関する興味深い研究が載っていた。心理学者のバーバラ・フレドリクソンによれば、豊かな人生を送りたければ、ネガティブな感情を1つ感じるごとにポジティブな感情を3つ感じるべきとのことだ。

続きを読む
ニュース
自分のスキーマに気づく

スキーマとは、物事を捉える際の枠組のことです。こういった枠組があることは、外界からの情報を効率的に処理していくうえでは大変便利です。一方で、枠組から外れるものを取り入れることを邪魔する場合もあります。

続きを読む
ニュース
子育て真っ盛り、イライラとうまく付き合うには

私は、4歳と1歳の子どもの母親です。自分の子育てに臨床心理士としての知識や経験が生かせる部分もありますが、日々反省、どうしたものかと悩みながら子どもたちと関わっています。特に難しいのは、怒りのコントロールです。

続きを読む